« 島田荘司 『写楽 閉じた国の幻』 | トップページ | 「ももいろクローバーZ 試練の七番勝負」 DVD-BOX »

池上 彰 『そうだったのか! 現代史』

「日々のニュースや、私たちが生きている現代のさまざまな出来事を理解するためには、その少し前の歴史を知る必要があるのです」(「はじめに」より)。

本書は NHK「週刊こどもニュース」キャスターの池上彰が、大学生、新社会人に向けて第二次世界大戦後の歴史をやさしく解説した「現代史の入門書」だ。
ただし入門書とあなどることなかれ。「中国と台湾はなぜ対立する?」「イスラエルが生まれ、戦争が始まった」「『ひとつのヨーロッパ』への夢」など、今日のニュースの背景を解く全18章は、「今さら人に聞けない」社会人にとっても救いの連続である。
大戦後に生じた数々の争いを陰で操る大国、核戦争の縁に立った人類の危機…。
現代史ゆえに、当時の軍事作戦が詳細かつ正確に記述されていたり、当事者の語った言葉そのものが書かれている点も興味深い。


|

« 島田荘司 『写楽 閉じた国の幻』 | トップページ | 「ももいろクローバーZ 試練の七番勝負」 DVD-BOX »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66332/53916096

この記事へのトラックバック一覧です: 池上 彰 『そうだったのか! 現代史』:

« 島田荘司 『写楽 閉じた国の幻』 | トップページ | 「ももいろクローバーZ 試練の七番勝負」 DVD-BOX »